自己破産のデメリットの俗説

自己破産はメリットだけではなく、もちろんデメリットもあります。

ただ、俗に言われている自己破産のデメリットはたいてい間違ったものが多いのも事実なのです。


例えば。。。



自己破産により会社を解雇される 
・戸籍謄本や住民票に自己破産履歴が載る
・選挙権がなくなる
自己破産によりパスポートが取れず、海外旅行に行けない
・結婚、就職、入学などに支障を来たす
・子供、親、兄弟、配偶者などに影響を及ぼす
自己破産したことが周囲に知られてしまう
・子供、親、兄弟、配偶者などに取り立てがいく
・結婚、就職、入学などに支障を来たす


上に挙げた自己破産のデメリットというのは全て本当の話ではありません。すべて事実無根の話です。

これらが自己破産のデメリットとして世に広まっているのは事実ではありますが、あくまでも噂として世に広まっていることが事実であり、自己破産のデメリットであるという事実ではありません。


自己破産は借金が返す能力がなく、どうにもならない場合の救済措置として法で定められた制度ですので、借金をしていたと言う事実のためにそれなりのデメリットは負うわけです。

トップ > 自己破産のデメリット > 自己破産のデメリットの俗説

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。