自己破産のデメリット その1

自己破産のデメリットとは?


自己破産をすると、いわゆる金融機関から「ブラック扱い」を受けることとなります。

ブラックとなると、この情報は7年間民間の信用情報機関に登録されることとなり、その間は新規の借入はもちろん、クレジットカードを新しく作作ったりローンを組む事が出来なくなります。

ただ、自己破産を申し立てするぐらいの状況下ではどのみち、遅かれ早かれ金融情報機関からブラック扱いされることは避けられません。

7年間信用情報機関に登録され、新たな借り入れを出来ないという状況は、借金地獄に陥らなくても済むのではないでしょうか?


借りたくても借りられないわけですから、その7年間で「借金をしてしまう体質・性格」を改善させるには十分な期間と言えます。

そのため自己破産のデメリットと言いますか、むしろ逆にメリットと考えられることでもありますね。

トップ > 自己破産のデメリット > 自己破産のデメリット その1

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。