破産宣告する前に

破算宣告とはどういうもので、何をすればいいかご存じですか?

例えば、大きすぎるショッピングローンを組んでしまったり、複数のキャッシング利用により返済額がかさんだ時に起きます。

保有する全ての財産を越えた借金を持ってしまい、返済不能に陥った時に裁判所に行う手続きが破産宣告です。

破産宣告がなされると、破産した人の財産を金銭に変え、貸した人達で公平に分配することになります。

破産手続は原則として、債権者または債務者の申立てによって始まるものです。


裁判所が破産宣告をするかどうかを審理した上で、破産原因があると破産宣告をします。

通常裁判所は、破産宣告を行うと同時に破産管財人を選任します。


破産した人の財産を全て調査し、それらを金銭に変えてお金を貸した側に平等に分配することが破産管財人の仕事となります。

お金を借りた側が裁判所に破産申し立てを行うことが自己破産です。


自己破産時に債務者の所有している財産があまりにも少なく、破産手続きのための費用にも満たないこともあります。

裁判所は破産管財人を出さず、破産宣告と同時に破産手続を終了させます。このような形を、破産の同時廃止といいます。

トップ > 自己破産について > 破産宣告する前に

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。