破産宣告の前に特定調停をする

多重債務で返済ができない人が破産手続きを取る前にできうる方策として、「特定債務等の調整促進のための特定調停に関する法律」と法律があります。


この特定調停に関する法律が適用される条件は、債務者が支払い不能の状態に陥る恐れがあることです。

そして、それが金銭債務であることの二つです。


キャッシングを利用しすぎて支払不能に陥り、破産宣告をしてしまいそうな人がいます。

そんな時は返済が可能になるよう、特定調停の手続きができます。


特定調停の申し立ては、返済しなければならない借金がある当人によるものでなければなりません。

ですが、例外規定として弁護士や定められた研修を終えた司法書士が代理に立つことはできます。

金融業者の大半は利息制限法より多い年利でキャッシングの貸し付けをしていますので、利息制限法18%に基づいて返済総額を再計算してもらい、支払い額や支払い方法を見直してもらうなどします。


本来、払う必要がない余分に払いすぎた利息を、元金に組み込んで充てることが可能なのです。


金利の再計算をすることで利息額を大幅に軽減してもらうことができ、返済が楽になります。

破産宣告をしなくてすむ場合も発生します。


「特定債務等の調整促進のための特定調停に関する法律」が施行されたことにより、借金苦で苦しんでいた人でも破産せずに返済をできるようになったことは事実です。


トップ > 自己破産手続き > 破産宣告の前に特定調停をする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。