借金の消滅時効の援用

定められた期間が経つことで時効に必要な時間的な条件は成立しますが、借金の時効が適用されるには、行わなければならないことがあります。

借りた相手に時効が成立したことを宣言しなければ、借金の時効は成り立ちません。


時効の利益を受けることをはっきりと相手に伝えましょう。
これを借金の消滅時効の援用といいます。


消滅時効に必要な期間が既に経っていても、貸した側の消費者金融会社などはお構いなしに返済を求める電話や通達をしてきます。

期間が過ぎたからといって自動的に時効が成立したわけではありません。

支払いがされるならそれに越したことはないため、業者側は返済を求めます。

消滅時効は返済をすることで喪失しますので、キャッシング会社の催促に従って返済する時は気をつけましょう。


内容証明郵便は郵便物の送付記録がはっきり残りますので、これを使って消滅時効を援用し借金を棒引きにします。

郵便物の一種である内容証明郵便は、配達の月日、誰から誰あてに、どのような内容の文書が出されたかを郵便局が証明してくれるものです。


相手がいなかった時、受け取り拒否があった時は一定期間郵便局で保管され、その後差出人に戻ってきます。


出し方を間違えないように気をつけながら、内容証明郵便を出しましょう。

借金の時効の権利を援用するためには、このようにして消滅時効のことを相手に対して表明しておきましょう。

トップ > 自己破産の問題 > 借金の消滅時効の援用

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。